Menu

かみ合わせ治療と矯正

Home
矯正治療

かみ合わせ治療と矯正

矯正治療の特徴

かみ合わせが、大事といわれて久しいですが、どう大事かわかる方は少ない(歯科医師も含めて)と思います。


かみ合わせの異常はまず顎関節症を連想されると思います。顎関節症はかみ合わせのバランスが、ずれるために顎関節の下顎頭がずれ関節円盤の位置がずれることから始まります。当初は音がすることから始まり後には痛み、そして口があけにくくなります。そして顎関節や下顎にはたくさんの筋肉が付着しているので関節円盤や下顎のずれによりその周囲の筋も前後左右にずれることで頭痛や肩こりの原因となることがあります。

ところが、顎関節症以外にもかみ合わせの不正は悪さをします。
歯石をしっかり取っても、ブラッシングも頑張っているのに治らない歯周病はかみ合わせの問題を抱えていることが多いです。

強い上顎前突のため前歯が咬んでいません。

そのため奥歯の大臼歯の根の間に大きな骨吸収があります。歯石をしっかり取ったのですが骨は回復してきません。
また、かぶせ物が壊れたり、歯自体が割れることを繰り返す方もかみ合わせの問題を抱えている可能性が高いです。

右上2番目の歯が欠けています。

下から咬み合わせを見ると欠けた歯はあまり咬んでいません。

ただ、向かって左側の歯は、しっかり咬んでいますが右側があまり咬んでいないのがわかります。また、上下の真ん中が向かって左にずれています。

この方の主訴は右下の違和感でした。レントゲンで見ると
右下の歯が割れているのがわかります。患者さんにお話を聞くと左下も同じ理由で抜歯になったとのことでした。
はじめての方は、「矯正治療への思い」を是非お読みください。
このようにかみ合わせは、顎関節症だけでなく、歯周病の重症化や歯の破折、異常咬耗、知覚過敏、かぶせ物の損壊につながります。矯正治療は歯を正しいかみ合わせに導きこのような問題を解決するのに欠かせない治療です。
イーグル歯科では生理的咬合の獲得に必要な咬み合わせを求めるために 熊本県では3台しかない顎機能診断器 キャディアックスを導入し診断を行っています。
矯正治療では当然のセファロレントゲン(横顔のレントゲン)キャディアックスで求めた 顎の位置を確認するための模型分析、顎関節の変形がないか確認するためにCTを用いています。
矯正相談

診療時間

診療時間:午前 9:30~13:00、午後 (平日)14:30~19:00、(土曜)14:30~17:00
休診日:日曜・祝祭日
歯科 矯正歯科 小児歯科 審美歯科 予防歯科 歯周病 インプラント 熊本市東区 東町 イーグル歯科クリニック